FC2ブログ

2013-01-11

汎用PCと量子PCと脳

汎用PC

プログラムに沿って、メモリーやCPU演算装置を用いて、レジスタに次々に送られた命令を一つずつ演算し、1キュービットの0や1の結果を出力する装置です。、

量子PC

量子力学の原子スピンを1キュービットとして用いる次世代コンピュータです。
不確定性の欄でも、記載しましたが、量子力学では、原子スピンの状態は、重ね合わせの状態になってます。例えば、スピン向きが、左回転と、右回転を同じ原子で、両方の状態になっているという、ミクロ世界での特殊な量子力学を利用して、10キュービットなら、2を10回掛けた1024通りの計算を同時に処理する事が、可能で演算速度が飛躍的に増大します。暗号に現在使用されている因数分解などは、全ての数字で割り算を行い汎用PCでは、事実上膨大な時間を必要として、解けないのですが、量子PCなら解読可能となります。
ただし、現時点では、答えを求める為に蓋を開ける(測定)をしてしまうと、原子スピンが、重ね合わせの状態から収縮してしまい、一つのスピン向きになってしまうという問題もあり、答えが出るまで、操作厳禁であると言えます。量子の重ね合わせは、本当に不思議な現象ですね(^.^)

人の脳

PCとは全く仕組みが異なります。電気信号をシナプス隔壁(約2nmの隙間)があり、神経伝達された電気信号は、ここで伝達物質による伝達に変換され、電気信号による興奮は隔壁の後ろのニューロンにある受能体に物質によって伝達が起きるため、濃淡が発生し、この仕組みによって、人間の心らしさが生じると考えられます。また、ニューロンは学習によって、索手をドンドン伸ばし、複雑に回路を作って行くので、コンピュータでは、真似する事が出来ない仕組みと言えると思われます。
電気と量子論の仕組みが脳ではないでしょうか?

2013-01-11

進化とは

先ほど掲載しました綺麗なアルファベットや数字の模様(^.^)
皆さん何だとお思いでしょうか?
実は、
世界中の蝶をコレクションしたものなんです。
勿論、細工した訳では有りません。
ちゃんと、全て自然界に普通に存在する生きている蝶です。

さてーこれを見ると、まるで、誰かが、数字やアルファベットに似せて、蝶の遺伝子を操作したかのようです。

遥か遠い太古に、きっと、今みたいな遺伝子技術があって、蝶にこんな事を施したのかもしれません。
あたし達が、神々と呼んでいる
宇宙の何処かから、地球に来た人々によって・・・・・

進化は本当に
例えば、魚が突然変異で、足が生えて、爬虫類となり、突然羽が生えて、鳥になり、哺乳類から猿類、そして人へ
種をまたぐ進化?

本当にそうなんでしょうか?

魚は魚、鳥は鳥、猿は猿、人類は人類
昔からそうなのでは?そう造られたのでは?

そんな証拠の一旦のような蝶です。

遠い未来、地球や太陽が、寿命や何かで、人類が他の地球環境を求めて、宇宙へ旅立ち、同じように、ある星で、遺伝子技術を使って、素晴らしい生物の居る星を作るのかも知れません。子孫の為に(^.^)

2013-01-11

ダーウインの自然沙汰による進化論(種を越えた)に否定

性分化の減数分裂は約840万通り、メンデルの法則にあるようにメンデル型遺伝の根本原理であって生物の多様性の基礎であり、遺伝子を修復する方法のひとつであり、種の安定性を支えています。
さて、遺伝子に起こる無方向的な突然変異に自然沙汰が左右し本当に進化したのでしょうか?疑問です。
よく言われる、突然変異によって偶然発生した優勢遺伝子が劣等遺伝子より多く子孫を残し、増えて行き劣等遺伝子より優勢になっていく事の繰り返しが進化だって・・・いいますが
生物が子孫に伝える最小単位はあくまで細胞であって遺伝子ではありません。脊椎動物目の形成に関与する遺伝子にバックス6遺伝子がありますが、ショウジョウバエのアイレス遺伝子とは相同でDNAの塩基配列はほとんど同じですが、脊椎動物ではレンズ目を作り、ショウジョウバエでは複眼をつくります。解釈系による情報は遺伝子だけではなく、たとえば、ショウジョウバエの胚(幼虫やさなぎ)を35度~37度の環境下に短時間さらすと、翅の横脈が欠損します。このようにDNAだけでなく環境も作用します。          人のIQ(知能指数)の決定に関しても子宮内因子の要因も高く子宮内環境における類似度は全体の20%。同一の母親の異なる時期の子宮内環境における兄弟姉妹の類似度は5%。一卵性双生児のIQ類似度は70%、二卵性双生児のは45%(兄弟姉妹の遺伝因子の共有率確立は50%なので遺伝因子の類似度は半分の25%となり子宮内環境における類似度20%を合わせて45%となる)

これらにより、遺伝的突然変異と環境変異はわけられるべきではなく、むしろ同じ形質が遺伝因子と県境因子の両方を受けて発現する。突然変異についても大腸菌では適応的な突然変異が起きます。

ラクトースを分解出来ない大腸菌をラクトース環境で培養すると、ラクトースを分解出来る突然変異が誘発されることから、突然変異にも環境等の方向性がある。適応度の高い生物は生き延び、適応度の低い生物は滅びるとあるが、適応度とは予測不能であって、刻々と状況しだいで変化するものであり、自然沙汰とは違うと思われる。                                              人類の2回における出アフリカ説から人類進化論の格子である人類進化の科系樹にしても、連続された変化(進化過程)によって猿類からの進化説が保持されてきたが、最近、間にあるはずの変化過程の化石は全く発見されておらず、連続的な繋がりよりむしろ、独立した別の独立種族の可能性を指摘する学者もおり、人類は突然そこに発生したようにしか思えないという学者も居るらしい。               そもそも うちも 突然猿が変化するとは到底思えず、人類の突然変異にしても、突発的に度外視されるような突然的な変異はそもそも子孫を残す能力は欠損すると思われるし、環境変化前にいくつかの種類があって、環境によって滅び選択されたからこそ進化したとは思えないのですけれど、実際にはどうなんでしょうか?^^ 


プロフィールプロフィールプロフィール

Ankhesenamen

Author:Ankhesenamen
FC2ブログへようこそ!

最新記事最新記事最新記事
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリカテゴリカテゴリ
アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
25217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7027位
アクセスランキングを見る>>
訪問者です訪問者です訪問者です
閲覧者数閲覧者数閲覧者数
現在の閲覧者数:
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QR
<%plugin_first_title>フリーエリア<%plugin_first_title>
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

Powered by FC2 Blog