FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-11

大きな視野と小さな視野

宇宙で言えば、太陽はもしかしたら、63億年後には中心核で燃料となる水素が消費し尽くされ、その周囲で水素の核融合が始まる結果、重力により収縮力と核融合反応により膨張しようとする力のバランスが崩れ、太陽は膨張を開始して赤色巨星になり外層は現在の11倍から170倍程度にまで膨張する一方、核融合反応の起ない中心核は収縮を続け水星と金星は太陽に飲み込まれ高温のために融解し蒸発するだろうと予想されます。
地球から他の星に人類は移住しなければなりませんが、これも、歴史が時を刻むエントロピーの増大、秩序ある状態から無秩序への自然な時の進行に他なりません。
宇宙という大きな視野での時間の観念は無秩序な状態への移行であるといえます。

さて、ミクロの世界では、量子論に基づく確率論の仕組みは以前掲載しました通り、相関性により、収縮して、確率的に、一つの状態に決定され、しかも、同時に起こり得なかったもう一つの状態も、重ね合わせの状態で存在しています。
ここでいう小さな視野の世界でも時間は同じ様に進んでいます
(量子の世界すべてに成り立つわけではなく例外もあるようです)

日常生活にあてはめて考えてみると、時間の進みでいくつもの分岐点(可能性と確率)があるといえます。

あなたが駅ですれちがった全ての人とは、相関性を持ってると言えますね。
あなたが駅に居なかった場合と居る場合を比較して、歴史はここでは、駅の人達の未来はどう変化するのでしょうね。
もしかしたら、あなたを少しよけた時がきっかけで、思い出し、電話した事によって、昔の異性と意気投合した結果、その人は結婚したのかもしれません。
確率的にです(^.^)
そう考えると、全ては、偶然ではなく必然だと感じます。

あなたが産まれたのは、適当な偶然ではなく、必然的に、あなたの個性も、人柄も性別も、得た知識も、家族も、全て
必然的に、全てに相関性を持って、だから歴史は動き、エントロピーの増大によって、過去、現在、未来へと、時間の矢は進行していると言えますね。
マクロな事象(宇宙とか)とミクロな事象の理論を統一した論理である、総統一性理論はまだ出来ておりませんが、人類が全ての学問の隔たりを無くした時、なぜ、人は産まれて来たのかが、解るのかもしれないですね(^.^)
どんな人、いいえ、生き物だって、
必然、必要だから存在していると、
思われますね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

Ankhesenamen

Author:Ankhesenamen
FC2ブログへようこそ!

最新記事最新記事最新記事
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリカテゴリカテゴリ
アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
18481位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5197位
アクセスランキングを見る>>
訪問者です訪問者です訪問者です
閲覧者数閲覧者数閲覧者数
現在の閲覧者数:
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QR
<%plugin_first_title>フリーエリア<%plugin_first_title>
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。